埼玉新米大家ブログ

兼業大家1年目が専業大家を目指すブログ

不動産投資

賃貸初期費用とオーナー費用

こんにちは。新米大家のりーまんです。

今回は、賃貸01をベースに、賃料や敷金といった入居者が負担する賃貸の初期費

用について、まとめたいと思います。また、入居者募集にオーナーが負担してい

る費用についても、合わせてまとめます。

賃貸契約時の費用

①オーナーが受け取る。②不動産会社が受け取る。③その他業者等が受け取る。

前家賃:①一般的には、当月の日割賃料と翌月分賃料です。

敷金:①(②)分譲マンションでなければ、通常家賃の1ヶ月分ですね。

   本来、オーナーが受け取りますが、実務上は、賃貸管理会社が預かってい

   ることが多いです。オーナーが使い込んで退去時に返せなかったり、退去

   時の計算が煩雑になるので、賃貸管理会社が預かっています。

礼金:①新築なら1~2か月。築浅なら1か月。築古なら、なしですね。

仲介手数料:②一般的には、1か月(税別)。エイブル・ミニミニ等自社管理物

      件のみを仲介する会社の場合、0.5か月(税別)だったりします。

火災保険料:③2年で1.5万円~2万円程度。借家人賠償保険とも言います。

      実は、自分で安いところを探して加入することも可能です。

      日新火災、SBI、イオンなど。年5000円くらいの保険もあります。

保証料:③家賃保証会社の保証を受けるための費用。最近は、連帯保証人より

    も、家賃保証会社を通さないと借りられないケースが増えてますね。

その他費用:①か②。鍵交換費用、退去時ルームクリーニング費用、防汚費用、

      消臭費用、消火剤設置費用などがあります。

      オーナーや不動産会社が、礼金代わりに設定しているケースが多い

      ですが、原価があるので、まだましでしょうか。

というわけで、受け取る先が結構分かれていることがわかります。

合計すると、賃料の4ヶ月~5か月分が、今は平均的な初期費用でしょうか。

オーナー側の費用

募集のためのリフォーム費用:

新築でなければ、大なり小なりリフォームしないと借りていただけません。

戸建やファミリータイプのマンションだと、まったく手を入れずに、格安で貸し

ても借り手がつくケースもあるようです。

賃貸01では、400万円ほどかかってしまいました。

新築だとすれば、建築費自体が掛かっていますね。

賃貸管理費用:

実際の発生は成約後になりますが、賃料の5%(税別)程度を

不動産会社に払います。トラブル時の一時対応窓口をしてもらえます。

また、退去立ち合いや原状回復の手配もしてもらえます。

必要経費の代表格ですし、実際の手間を考えると安価です。

広告費:

宅建業法にて、仲介手数料は1賃貸契約につき1か月分(税別)を上限とするとの

定めがあることから、それとは別項目で不動産会社の収入とするためにあり

ます。ADとか、入居促進費などとも呼びます。私は、今回2か月分(税別)を

払いました。前払い賃料や敷金があるから、かろうじて手出しはありませんが、

支出であることには、変わりません。

意外と、オーナーも費用が掛かっていることが実感としても分かりました笑

以上、賃貸の初期費用についてまとめてみました。

皆様の何かの参考になれば幸いです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です