埼玉がっちり大家ブログ

不動産業界にいた管理人が専業大家を目指し、約1年で目標達成に至ったブログです。

不動産投資

2020年12月末資産状況

りーまん(@Lehman1980)です。今年ももう終わりですね。近況報告になりますが、12月半ばに始まった職業訓練は25日に一旦終わり、年末年始休暇に入りました。例年旅行に行っていましたが、流石に今年は予定を入れず(GOTOキャンペーンが中止になったのもある)に、自宅でのんびりしています。

前回記事です。
資産クラス金額(万円)前期比備考
現預金X,360+10
不動産1Y,YYYDOWN4棟減価償却
日本株130+12ゴールドETF含む
ソーシャルレンディング39-29SBISL・1案件
米国株1,414($136,583)+270ETF・米ドルMMF含む
投資信託246-68iDeCo移行完了
総資産非公開UP
借入金残債6,150-503棟合計
ANAマイル283,000+17,000ポイント交換,クレカ継続マイル
UNITEDマイル30,000+1,000クレカ利用
DELTAマイル62,000UNCH
純資産非公開UP

・増:現預金、日本株、米国株、ANAマイル

・減:ソーシャルレンディング、投資信託

2020年10-12月期の資産は、概算でプラス150万円でした。
大きく金額が動いたのは米国株の増加と投資信託の減少です。投信は一部売却を行い、S&P500投信に一本化しました。

通期では500万円のプラスとなり、おおむね満足できる結果だったと言えるでしょう。

なお、来年7月ごろまで失業給付(職業訓練)を受けられますが、仮に今年の不動産所得以外の収入見込みと比較すると3分の1以下となります。さらに各種税負担も増えます。

ということで、来年の資産増加目標としては、4半期100万・通期400万としたいと思います。入金力が下落し、不動産所得だけでは未達となりますので、金融資産の成長を期待したいですね。

12月の配当金実績

つづいて12月の配当金です。配当金は3の倍数月に集中していますので、来年からは3カ月ごとにまとめたいと思います。

名称配当・分配金額(税引き後)
SBIソーシャルレンディング・1件2,050JPY
日興豪株ファンド・(売却済)先月11月で最後
VT・570株226.30USD
SPYD・300株130.86USD
PFF・500株(2回分)64.73USD
QCOM・売却済4.69USD
合計2,050JPY&426.58USD

年間配当金実績

科目税引後累計年間目標金額進捗率前年実績額前年実績比
日本円(ソシャレン・株・投信等)226,113円400,000円56.5%600,000円37.68%
米ドル(米国株・ETF等)1575.64$2,000$78.78%648.00$243.15%
目標の6割強。前年比の58%程度という結果。
1ドル=100円としてグラフ化

年間配当金の目標がちょっと高すぎましたね。
満期となったソシャレンの資金を順次米国株にシフトしてきましたが、コロナショックによる高配当ETFの減配や石油株の急落などにより、高配当株への集中投資を行えませんでした。

来年ですが、仮に4万ドルの高配当米国株を平均4%の税引き後配当利回りで保有したとして、1,600ドル。さらに5万ドルのVTを1.6%の配当利回りで保有したとして、800ドルとなります。
都合2,400ドルを来年の目標額にしたいと思います。今年の実績比では1.5倍です。なお、日本円での配当目標は一旦ゼロとします。

月10万円の配当金どころか、月5万円を大きく割る結果となりましたが、ポートフォリオの構築・維持に努めたいと思います。

1 コメント

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です