埼玉新米大家ブログ

兼業大家1年目が専業大家を目指すブログ

証券投資

日本株7 名実ともに8月相場が終わる。

こんにちは、りーまんです。前回の記事はこちら。

8月の東証一部は、例年通り閑散相場でした。夏休み等で、国内外の機関投資家の参加者が少なく、売買代金や売買高が減る傾向にあるからです。特に今年は、トランプ相場ということで、様子見地合いが強いことも影響しているかと思います。ちなみに、12月1月の冬休みシーズンにも、多かれ少なかれ同様の傾向がみられるようです。

東京証券取引所が、各種データを公開しているので、興味がある方はご覧ください。まだ、8月のデータは9月1日現在未掲載ですが、もしかすると1日当たりの平均売買代金が2兆円を割っているかもしれません。
ちなみに6月が、約2兆1800億円。7月が約2兆1500億円でした。

狭いボックス相場だった8月

また、外部環境に非常に左右されやすくなっておりますが、NY市場と比べるとボラティリティはそこまで高くなく、日経平均株価は、おおむね20,000円から21,000円の狭いボックス圏で行ったり来たりしています。

(厳密には、高値:21,556円・8月1日。安値:20,110円・8月6日。いずれも場中。)

8月30日終値の日経寄与度ヒートマップ(引用:NIKKEI.COM

個別株(8月30日終値)

名称セクター保有数評価額含み損益
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 FインフラF4382,400JPY△13,500JPY
中部電力電力スイング・+
関西電力電力薄利で売却
テルモヘルスケア100308,700JPY△1,800JPY
三菱UFJフィナンシャルグループ銀行1300663,500JPY△11,100JPY
日産自動車自動車800525,100JPY△350,600JPY
合計1,879,700JPY△377,000JPY

この2週間、インフラファンドは、下落耐性を発揮していました。前回との違いは、分かりません。引き続き、ウォッチングしていきます。
関西電力がプラ転したのと、中部電力を1,500円近くで拾えて利益出ていたので、電力株2社を合わせて売却しました。関西電力も中部電力も、8月最終週は、やや強い値動きをしていましたのでホールドしても良かったんですが、スイングは利確が大事なので、数万円でもプラスなら御の字と思ってます。

MUFGは、490円くらいで底打ちしたのか、戻り基調です。また、日本株でも、ヘルスケア株一つ持ってみようと思い、8月少し下げていたテルモを打診買いしました。
それから、三菱商事も8月かなり下げており、52週安値である2,520円にかなり近づいてきているので、下げ止まりが確認出来たら、こちらも打診買いしようと思っています。

監視銘柄リスト

他の個人投資家が何を買おうとしているのかって、きっと興味ある人もいると思うので、とりあえず列記してみます。大体15銘柄位にして、チェックしたりやめたりしています。今後、整理していきますね。

日経ダブルインバース(ベアETF)、WTI原油(原油ETF)、JT(タバコ)、ヤフー(ネットサービス)、楽天(ネットサービス)、三菱商事(商社)、ANA(航空)、タカラインフラ(インフラファンド)、エネクスインフラ(インフラファンド)、東京電力、中部電力、関西電力(電力)

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です