埼玉新米大家ブログ

兼業大家1年目が専業大家を目指すブログ

証券投資

外国株5 FOMCによるFF金利引き下げと対中関税第4弾などによる市場混乱・調整相場

こんにちは。新米大家のりーまんです。

前回から、約2週間が経過し、この間各国株式市場は各種ニュースで下落が進みました。私は、満期になった住信SBI銀行の米ドル定期が満期になったのと円高進行を見ながらドル転を行い、いくらか購入を勧めましたので、外国株および投信の保有状況について、まとめてみます。

まだここまでじゃないですが、含み損が増えたのは確かです。

SBI証券・個別株(8月9日終値)

名称セクター保有数評価額含み損益ドル建割合
ABBV(アッヴィ)ヘルスケア301,967USD△54USD7.85%
AGG債券ETF606,758USD△8USD26.99%
AGGY債券ETF101,041USD5USD4.15%
MO(アルトリアG)タバコ703,231USD△142USD12.9%
MSFT(マイクロソフト)ソフトウェア5688USD7USD2.74%
PM(フィリップモリス)タバコ302,477USD△45USD9.89%
SPYD高配当ETF1204,399USD1USD17.57%
VTI米株式ETF304,467USD△13USD17.84%
合計25,031USD△250USD
前回比+16,800USD△345USD

急速に円高が進み、結果として米ドル定期預金は、円ベースではマイナスでした( ;∀;)
まぁ、あまり気にしてもしょうがないので、購入原資としてSBI証券に移行させました。狙っていた銘柄を試しに買ったりしていましたが、調整相場が長期化しそうでしたので、債券ETFと高配当ETFを中心に、買い進めています。

購入候補銘柄の見直し

<コア>米ドル建資産配分:68% ⇒最大80%

採用銘柄:AGG(40%),SPYD(20%),VTI(20%)

株ETFはVTIだけにしようと思ったのですが、REITも組み込めるということで、SPYDも購入することにしました。

<サテライト>個別銘柄中心にを最大8つ選定する。それぞれ2.5%。計20%

採用銘柄:ABBV、BTI、MOMSFT、PM

候補銘柄:AMD、AWK、CSCO、JNJ、KO、PG、PYPL、SBUX

個別銘柄は、まだ決めかねています。
調整局面が長引きそうと判断し、利益があるうちにいったんBTIは、手放してしまいました。マイナスでなければ、MOやPMもそうしたかったのですが。。。
また、打診買いで、CSCOとMSFTを買いましたが、同様の理由でCSCOはすぐに売ってしまいました。

楽天証券・NISA

名称購入累計評価額含み損益
eMAXIS slim 米国株式(S&P500)400,000円408,700円+8,700円
日興 オーストラリア株式ファンド600,000円621,600円+21,600円
合計1,000,000円1,030,300円+30,300円
前回比+50,000円△27,400円△77,400円

日興豪株ファンドは、配当を含めています。

はい。含み益が7割減です。仕方ないですね。

企業型DC

購入累計:540,000円 評価額:556,900円 +16,900円

同様に、含み益が半分以下になっています。
DCやNISAは、機動的に動けないことが多いので、出口付近で急落するとどうしようもないのが、気になるところです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です