埼玉新米大家ブログ

兼業大家1年目が専業大家を目指すブログ

不動産投資

賃貸01の引き渡し

こんにちは。新米大家(仮)のりーまんです。ついに、オーナーになる日が来ました。

前回記事です。

といっても、リフォームして、それから入居募集および賃貸契約をしないといけないので、引き渡しから結局半年ほどかかりましたが。。。この手間と収入につながるまでの時間が、戸建投資のマイナスポイントですね。

物件の引き渡し

引き渡しは、平日の午前中に、売主側仲介不動産業者のオフィスで、行うこととしました。売主さん、売主仲介さん、私、私が依頼した司法書士の4名です。買主仲介は、私の勤務先である分譲マンション管理会社の仲介部門なので事前に押印だけして、欠席です。なお、仲介手数料を社員割引してもらっています笑

売主さんは、北関東にお住まいで、このために車で狭山市の売主仲介さんのオフィスに来てくださいました。そういったこともあり、契約と代金決済を同日に行う、一括決済取引となりました。

さて、取引をしよう。

代金決済≒銀行振込

契約手続が一通り終わり、当初の予定では、皆で三菱UFJ銀行に行こうという話でしたが、ネットバンキングでも、設定すれば、売買代金である530万円の振り込みができそうと売主側に話してみると、「じゃあ、銀行行くのも面倒なので、やってみてください。」という話になり、自分のスマホアプリから、振り込んでみるとあっさりできてしまいました。恐るべし、IT化の世の中・・・

売主さんに、念のため近くのATMで残高照会していただくと、無事着金しており、1時間程度ですんなりと取引が終わってしまいました。私が現役の売買仲介だった10年前は、契約2時間、別日に決済1~2時間というのが当たり前だったのですが、時代は変わるものですね。。。

司法書士の先生に、所有権移転登記手続きに向かってもらい、一同解散となりました。2週間ほどで、登記が完了し、登記識別情報が送られてきました。

次回は、リフォームの話をしようと思います。

続きです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です